忍者ブログ

あなざわ

武装神姫に合う1/12スケールの小物やお洋服を収集・記録するブログ。好きな本を稀に紹介するやも。

『武装神姫 always together』について諸々と

「always together」... 日本語に訳すと “いつも一緒に”

題名 武装神姫 always together
作者 著者:ひびき 遊
イラスト:okama
出版社 コナミ デジタルエンタテイメント
購入場所 Amazon(中古販売)
お値段 定価:980円
私の場合:400円程度

■表紙:前後



■ストーリーダイジェスト(裏表紙より抜粋)
 
“武装神姫”それは全高15cmのフィギュアロボ。
 
薄水色のケーブルを介し、15cmの体に覚醒に必要なデータを吸い上げる。
それはまるで、へその緒で母体に繋がる胎児のよう。
 
2014.07.14 MON 07:38
 
学習机の上で1体の神姫が起動する。全てが始めて目にする光景。
自分の主である“少年”の優しい瞳と、自分と同じ立場である6体の神姫達の好機の視線。

種型神姫“ジュビジー”の胸に不安と期待がない交ぜになった感情が生まれる。
神姫の胸に収めたれた3つのチップに心という灯がともった瞬間だった。
そしてこの日から7体の神姫と一人の少年との共同生活が始まる。
■表紙:帯
帯には、同時期に発売された公式ファンブック「武装神姫マスターズブック」の紹介記載も。
「武装神姫マスターズブック」の方は未読の為、いつか買って読んでみたいところですね。

(余談)
|゚Д゚)<今回記事に致します「武装神姫 always together」と↑の「武装神姫マスターズブック」は
ともに2007年(8年前)に発売された書籍でして、現在では絶版となっております。
現時点では幸いプレミア化に至ってない為、中古のモノでしたら入手は容易かと思います。


 今回の記事は『武装神姫』を題材にした作品の中で、総合的に一番好きな作品である
「武装神姫 always together」に関して、自分が魅力的だと感じたポイントと全体の感想を書いた
個人的な備忘録になります。

 もしこの記事が『武装神姫』に興味がある方や、同じ神姫オーナー方に、この作品を手に取る
きっかけに成り得たら、本当に幸いです。

魅力的なポイント、その1。

◆登場する武装神姫達が健気で可愛い

・種型ジュビジー「カレン」(表紙の真ん中にいる神姫。前半は彼女の視点で物語が進む) 
・花型ジルダリア「マーガレット」(表紙の右の方にいる神姫。カレンのお守り担当)
 更に更に~…
・悪魔型ストラーフ「黒姫」  ・猫型マオチャオ「ミャウ」  ・侍型紅緒「菊之進」
・セイレーン型エウクランテ「バード」  ・砲台型フォートブラッグ「エミー」

計7体もの武装神姫が神姫オタクの高校生「小田 知秋(おだ ともあき)」の元で暮らしている。
武装神姫が題材の作品群の中では珍しく、結構な大所帯です。

カレン達の日常は"知秋宛に届いたメールのチェック"をしたり"知秋が自作したパーツの運用テスト"
~と言う名目の元「ご主人様が帰ってきた時に一番前に出られる権利」を賭けて、家の中で
小さな戦闘を繰り広げてたりする。
「ほら、私たちってこんなに数がいるでしょ?みんなご主人様のこと独り占めしたいけど、
それはできないから。かわりに出迎えのときだけでも、前に出て真っ先に声をかけたいのよ」
第一話 ちっぽけなバトルロワイヤル:花型神姫マーガレットの台詞
 
話が進むに連れ、小さな体を活かし紛失物の捜索を手伝ったり、
「ま、神姫が人間に奉仕するのは当然でござるしな
第二話 お役に立ちます!:侍型紅緒「菊之進」の台詞

 更には知秋宅に訪れたクラスの女子と上手くいくよう、影で便宜(?)を図ろうとしたりもする。
「名付けて『恋愛成就大作戦』であります!」
第三話 夏の思い出:砲台型フォートブラッグ「エミー」の台詞

…時には失敗し、様々な被害を被るオーナーの知秋だが、自分の神姫達を責めたり、叱ったりはしない。
彼女達は、ひとえに「マスターの役に立ちたい」という一心で行動しているのだから。

 そんな"武装神姫"達の一所懸命な姿。
特に、マスターの知秋とその家族やクラスメート、姉神姫であるマーガレット達と様々な経験し、
精神的に成長していくカレンの姿が「武装神姫 always together」の魅力の一つだと思います。

魅力的なポイント、その2。

◆人間(神姫オーナー)の登場場面が多い。

ゲーム、アニメ版「武装神姫」は神姫ばかりに焦点があたっている(神姫オーナー側の描写が希薄)のに対し、
「武装神姫 always together」では人間(知秋)と神姫が接する場面・人間側の心理描写も沢山盛り込まれて
おります。

 例えば、カレン達のマスター:小田 知秋(おだ ともあき)
神姫マニアの高校生にして、カレン達7体の武装神姫のオーナー。
純粋に武装神姫が好きで、神姫のパーツを自作し、自営のネットショップで販売までしている豪のもの。
 そんな彼が神姫達と触れ合い、愛でる様子は神姫・ドールのオーナーの自分にとって心温まるものでした。
特にマーガレット達のメンテナンス場面と、カレン達(武装神姫)を購入した経緯について、彼女達と語り合う場面がお気に入りです。
拾われたとか中古品だったとか関係ないの。誰も気にしてないんだもの。だってご主人様は、
 分け隔てなく愛してくれるんですもの。ねぇご主人様?
…改まって言われると、その、照れくさいけどね
第四話 記憶の中の少女:花型神姫マーガレット&小田知秋

 また、神姫オーナーである一面に加え、隠れオタクな学生としての一面も描写されており、そこも面白い。
例えば、知秋の実姉にして神姫嫌いの大学生:小田 夏美(おだ なつみ)が登場した際には、以下のやりとりが。
ほんとにもう、トモったら。いつまでもお人形遊びなんて相変わらずオタクなんだから」
「だいたちねえ、あんたはそんなだから、高校生にもなって彼女の一人もできないのよ!
 女の子の人形で遊んでる場合じゃないでしょ?そもそも神姫ってバトルさせてりして遊ぶオモチャでしょう?
 それなのにあんたはなんで、着せ替え遊びばっかり!ほんとにもうーー!」

知秋はすぐに「はい、はい」としか言わない生き物になった。
第二話 お役に立ちます!:小田夏美と知秋とのやりとりより抜粋

はい、はい…夏美の台詞には神姫オーナーの私にもクリティカルヒットですね…(半泣き
上記の彼女の弟に対する言い分はすべて、現代社会での共通の価値観として浸透されてるものなのですから。
 
一般人な実姉にまくしたてられ、やさぐれる知秋は私(趣味人・オタク)そのもの。
共感と親近感が温泉のように湧きます…!
「あー大変だった…くそ、どうせオタクですよ。彼女だっていませんよ。ちくしょう」
子供の頃から、あの勝気な姉を言い負かしたことなど一度もないのだ。
いいんだ、勝てなくても。知秋は割り切る。自分には神姫がいるのだから。
第二話 お役に立ちます!:小田知秋の呟きと心の声を抜粋

話が進むにつれ、高校のクラスメートにオタク(神姫)趣味がバレないよう四苦八苦したりする様子も
見受けられたりします。時に現実(家族・友人関係)に引っ張られながらも、懸命に趣味を謳歌しようとする
(神姫達と仲睦まじく暮らす)姿は、学生の神姫オーナー像として、かなり現実味あるものだと思います。
…何度、彼の台詞に頷いた事か!
「どうせバトルよりも、着せ替えが好きですよ。だって神姫をかわいくしたり、かっこよくするのが
好きなんだから。しょうがないじゃん」
第二話 お役に立ちます!より小田知秋の呟き

 個人的な考えですが、神姫オーナーあっての「武装神姫」だと思います。
時に神姫達を支え、時に神姫達に支えられる人間達。神姫と人間の心の繋がりを多く描写してる点は
「武装神姫 always together」の魅力の一つ…の筈!

魅力的ポイント、その3。

◆イラストレーター:okamaさんの挿絵が素敵

イラストレーターであり、武装神姫の第4弾 種型ジュビジー/花型ジルダリアのデザインを担当した
okamaさんの挿絵もまた「武装神姫 always together」の魅力の一つかと。
特に武装神姫の種型ジュビジー、花型ジルダリアが好きな方には是非見ていただきたい。

↓神姫サイズのお洋服を着れてご満悦のカレン。後ろでは着付けに苦戦するマーガレット達が。

↑見づらいですが、奥の方で転がってる猫型マオチャオの「ニャウ」がこれまた可愛い。

まだまだありますよ。文字だけではイメージし難い部分を挿絵で補えます。

左:起動して間もないカレンのお守りを花型神姫のマーガレットに託す小田知秋
右:限定モデルの黒いアーンヴァルと対決するカレン

◆全体の感想

・プロローグ 覚醒
・第一話 ちっぽけなバトルロワイヤル
・第二話 お役に立ちます!
・第三話 夏の思い出

 前半のプロローグから第三話までは、日常系アニメのような、和やかなお話。
雰囲気はTBSで放映されたTVアニメ版「武装神姫」に近いですね。私の大好物です。
和やかな分、戦闘描写は殆どありませんので、人によっては物足りなく感じる部分もあるかも。


そして後半の
・第四話 記憶の中の少女
・第五話 三年越しの約束
・エピローグ ???(ネタバレ防止の為、伏せました)

 第三話までの和やかな雰囲気が第四話から一転、シリアスなドラマ寄りの展開に。ネタバレ防止の為、
詳細は書きませんが、読めばきっと神姫特有の悩みに苦しむカレンの姿に痛み、辛い事実を受け止める
神姫オーナーの姿に涙腺が緩むだろうなぁ…と思います。

 月並みの表現でありますが、最後は本当に感動モノ!ですので是非読んでいただきたいですね。
読後感は本当に胸がすくよう。晴れやかで爽快な気分になれるかと間違いなし!

「……心温まるお話でしたね。お気に入りの一冊に加えましょう……」


「おっと、武装神姫の本を読んでいるのかい?なら私のお気に入り漫画もあってだね~」
「?…ええっと…ウエルカム、ですよ」

おしまい

Comment

無題

  • ex7
  • 2015-11-03 01:06
  • edit
ああ、これ当時から読みたかったんだけど地元では見つからないままダッタンデスヨネー。

ex7 さんへ

  • なかか 〔管理人〕
  • 2015-11-04 02:35
コメント、有難う!

この本、私も書店で並んでいるところを一度も見かけた事ないですね。

不安を煽るつもりはありませんが、8年も前に出た本なので、神姫達同様
いつプレミア化してもおかしくない本だと思います。
もし気になるようでしたら是非とも手にとって見てくださいね。

…本当に、感動するから…(´;ω;`)<イイハナシデシタ!

見的即決

  • ヘロン
  • 2015-11-04 23:34
  • edit
この本は私、閉店間際の店で見つけたんだっけかな、その昔。もう何年前の話だろう。
もう何年も前の話ですが、その時点でさえ発売から時間が経っていて、かつどこでも簡単に見かけるような本でもなかったこともあって、迷いなくそのままレジへと持って行きました。買って良かったと思える本でした。良い本ですよね。
神姫・人間の分量のバランスが良い作品ですよね。

マスターズブックは・・・持ってます。
かなり初期に出た本だというのが、内容から伝わってくる本です。ジオスタとかバトロンとかの記事が平然と載っていましてね・・・まだバトロンに第2弾までしか参戦してない時期の本。
マスターズブックの目玉は、この本にしか載っていない神姫のイラストでしょうか。半ば非公式のような扱いの神姫ではありますが、ていうかおそらく発注されたイラストレータさんも神姫ってモンがどういうものだか詳しく説明されていなかった感がひしひし感じられますが、これはこれで私は好きですかね。これはこれ。

ヘロンさんへ

  • なかか 〔管理人〕
  • 2015-11-06 02:36
コメント有難うございます!

旧あなざわ(FC2ブログ)とTwitterの方でお世話になりましたヘロンさんですね!
またこうしてコメントいただけて嬉しいです…
(間違ってらしたら申し訳ありません。改めまして今後ともよろしくです)

「武装神姫 always together」、昔とはいえ店頭で見つけられたとは珍しいですね。
コナミノベルズって滅多に見聞きしませんでしたし、幸運な巡り合せだったと思います。
この本は神姫と人間の分量バランスが本当に良い~…個人的に魅力だと思うポイントを
同意していただけて、嬉しく感じます。

更に「武装神姫マスターズブック」もお持ちとは通ですね。バトロン、ジオスタとは懐かしい…!第2弾までしか参戦してない大昔、「武装神姫」黎明期のモノとはまた興味深いです。私は第12弾(しゃらたん&ベイビーラズ)が参戦した時期にバトロンを始めた世代なので…(にわか感
マスターズブックにしか載ってないイラストや小話等気になりますし、是非とも手に入れてみますね。コメント&情報、重ねてどうも有難うございました!|゚Д゚)ノ

Twitterからのコランダです

  • コランダ
  • 2015-11-05 04:25
  • edit
Portalは面白くて大好きなゲームなのでオススメですよ。
Portal2は特にいいキャラしたロボット達が揃ってます。
神姫には大きいサイズではありましたが、ストラップのポータルガンを改造して裂に装備させてました。

always togetherはいつか買って読もうと思いつつまだ読めていないのですよね……
というわけで今ポチってきました、届くのが楽しみですね―
やはりマスターあっての神姫だと自分も思っています。
媒体によって様々な神姫世界観が描かれてますが、中古神姫や布服派など実際にありうるネタが出てくるのは共感できて好みですねー。
サイネリアさんのおすすめはバトル派なあの漫画でしょうかね……?

コランダさんへ

  • なかか 〔管理人〕
  • 2015-11-06 03:08
コメント、有難う!

「Portal」、Amazonでレビューを拝見しましたが1・2ともに絶賛のコメントが多いですね。
私、SWのR2-D2やボーダーランズのクラップトラップのような、コミカルで生き生きとしてるロボット達に目がないですし、「Portal」と「Portal2」、遊んでみようかと思います|゚Д゚)
そういえば、以前見た写真の中で裂ちゃんが持っていた大きな銃って、あれポータルガンって言うのですね~。ゲームの世界観にハマったら、私も探すことになるやも…(

「武装神姫 always together」、この記事がコランダさんの手にとるきっかけに成り得た
みたいで嬉しいです。アニメ・漫画等とはまた別の「武装神姫」の世界を堪能してくださいね。神姫オーナーとして共感出来る場面が、特に布服キャッキャウフフ派の方には多数あるかと存じます。もし気にいってもらえたら、この作品のファンとして本当に幸いでございます…!

>サイネリアのおすすめ
ストラーフがゼロでメチャ強い…漫画作品です(?)
その作品の「世界観」が大好きでして~…詳細(お気に入りポイント)は、いつかまた今回の記事のようにまとめてみようかと。

長々となって申し訳ないです。最後にコメントと情報、重ねてどうも有難うございました!|゚Д゚)ノ
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

プロフィール

HN: なかか
性別:男性
自己紹介
神姫オーナー歴:6年
プロフ画像:秘密探偵クルクル
 
ここでは神姫・ドールの事柄を
中心にマイペースに更新。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は、下の
”ご意見箱”にてお知らせ下さい。

最新コメント

[06/14 キューエル]
[01/03 イモMk2]
[07/17 キューエル]
[07/12 なご]
[02/27 キューエル]

忍者カウンター

Copyright © あなざわ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ[PR]
PR